とりいんふるえんざふたたび

在ミュンヘン日本国総領事館より「ドイツにおける高病原性鳥インフルエンザの発生に関する情報」が出されています。Nürnberg(ニュルンベルク)で病原体が再び発見されたそうです。

NürnbergとMünchen(ミュンヘン)間は結構距離がありますが同じ州内ですし、鳥にとっては移動できない距離でもないと思うので、ちょっと心配です。神経質になる必要はないとは思いますが、自分の出来る範囲で気をつけたいですね。

Similar Posts:

Comments are closed.