ふふふふふ

image00192.jpg溺愛している彼女(達)の家を訪れると、玄関先で飛びついて抱きついてきました。最近は大胆です。

そして「はい」と言ってこれをくれました。どうも手作りみたいです。ビーズみたいなもので形づくられています。

左のものを最初にくれたのですが、初めて渡されたときには何かすぐには分かりませんでした。どうやら人か何かの顔みたいですね。でも上下左右を適当に渡されると、すぐには何であるか判断できませんでした。よくよく見ると、愛嬌があるかも!?

右の犬は良くできていますね。ただ尻尾の固定が甘いので取れそうです。折れないように持って帰ってくるのに苦労しました。

お転婆なところがありますが、こういうものをせっせと作ってくれるとは、かわいいところもあるものだと、ついつい微笑んでしまいました。

Similar Posts:

Comments are closed.