どっさりずっしり

image00193.jpg
▲Gさんからいただいた書籍▲

親友Gさんから連絡をもらいました。「C(私のこと)にと思って、手元に本を4冊準備してあるの。Cにはきっと気に入ってもらえると思うの。」とのこと。というわけで、本を受取りにGさんのお宅へお邪魔してきました。

譲っていただいたのは写真の4冊。3冊はStädtische Galerie im Lenbachhaus München(ミュンヘン市立ギャラリー・レンバッハ・ハウス)でかつて行なわれた展覧会のカタログ。残りの1冊もLenbachhausのコレクションに関するものでした。

これらの書籍をGさんは日本でいう蚤の市のようなところで見つけられたようです。何れも絶版のものばかり。もちろん古本屋では時たま見かけます。しかし街の古書店で買えるような絶版の展覧会カタログは、状態がやはり良いのでそれなりの値段がします。蚤の市で買える本は安いけれど、状態はいまいちということが多いです。その辺はどちらを重視するかによって、使い分けるのがよいでしょう。

今回譲っていただいた本は、蚤の市で見かける本の中では状態の良い部類に入ると思います。

そして好みも私のど真ん中。

本のデータは下記の通り。左から右の順です。

Kandinsky und München – Begegnungen und Wandlungen 1896-1914 (Städtische Galerie im Lenbachhaus München1982 / Prestel-Verlag München)

Wassily Kandinsky – Aquarelle und Zeichnungen im Lenbachhaus München (Prestel-Verlag München und Städtische Galerie im Lenbachhaus München 1974 und 1981)

Alexej Jawlensky 1864-1941 (Städtische Galerie im Lenbachhaus München 1983/ Prestel-Verlag München)

Paul Klee – Das Frühwerk 1883-1922 (Städtische Galerie im Lenbachhaus München 1979-1980 / Prestel-Verlag München)

自宅での自由時間の楽しみが増えました。Gさんどうもありがとう。

Similar Posts:

Comments are closed.