すかいぷけいたい

image00280.jpg
▲3 Skypephone▲
▲www.skype.comより▲

今利用している携帯キャリアは、Vodafone D2のものです。2005年12月から、2年契約にて利用しています。ということで、あと2ヵ月もしないうちに契約が切れてしまうため、現在のまま契約を更新するか、契約を変更するか、全く違うキャリアと契約するか考えなければなりません。

ドイツではVodafone D2のほかに、T-Mobileo2E-Plusが主要携帯キャリアとして利用されています。

どこもそれほどサービスに違いはなさそうですが、T-MobileはやはりDeutsche Telekom(NTTのようなもの)傘下の企業として、契約者数も多いです。次いでVodafone D2が続いています。この2つがドイツでの2大携帯キャリアです。o2は学生に人気がありますね。E-Plusも(多分)学生に人気があります。

今利用しているキャリアであるVodafone D2に、特に不満はありません。なので、恐らくはそのまま利用しようと思っています。プランは変更するかとは思いますが。

ただ私が利用している固定電話はDeutsche Telekomのものなので、もしかしたらT-Mobileを利用すると、何らかのお得な割引があるのかもしれません。その辺りを調べてみて、T-Mobileに変更する可能性もあります。

まあいずれにせよ、携帯は待ち合わせの時と、目覚ましとしてしか利用していないので、ちゃんとしたサービスを提供してくれるのなら、それで十分です。

携帯電話そのものの機能として、ドイツでは最近日本と同様、高画素数カメラがついていたりであるとか、音楽プレーヤーとして利用できるものが増えてきています。しかし私はそのような機能を携帯には求めていないので、特に必要はありません。ちゃんと話せて、SMSが問題なく送れれば、それで充分だと思っています。

でも、そう思っていたら、ちょっと気になる携帯が発表されたと知りました。

発表されたのは、3 Skypephoneというもの。名前から分るように、Skypeから発表された、Skype携帯です。

携帯電話にSkypeが組み込まれていた携帯電話は、これまでにもありました。しかしそれを利用するためには、何からのネットワークに接続しなければなりませんでした。しかしこの3 Skypephoneでは、そのネットワークを探す必要はありません。契約しているキャリアの電波が届く範囲であれば、自由にSkypeに接続できます。つまり、普段携帯電話を使っているのと同じ感覚でSkypeを利用できるのです。これは便利そうです。

これまでSkypeを利用するときは、PCの前に座っておく必要がありました。しかしこれならば、PCは必要ありません。キャリアの電波の届く範囲内にいれば、いつでもSkypeを利用できるのです。Skypeを利用するために、双方がPCの前に座っておく時間を予め決めていなくとも良いのです。これでかなり自由度は上がるのではないかと思います。

イギリスでは11月からもうサービスが始まるらしいです。オーストリアやイタリア、デンマークといったドイツの隣国でもサービスが間もなく提供される予定です。ドイツはまだいつからサービスが始まるのか明らかにされてはいませんが、近い将来始まりそうな可能性はあります。

月額利用料金にもよりますが、Skype携帯なら乗り換えても良いかなと思います。遠距離電話をかけたり、受けたりしやすくなりますからね。とくに私のような海外在住のものにとっては。

Vodafone D2で契約となると、また2年契約となります。そうなると途中解約が出来ないので、Skype携帯が発表されると乗り換えることが出来ません。

というわけで、Skype携帯がドイツでも利用できるようになることを期待して、ここは12月からプリペイド形式の契約に変更してみるのも1つの方法かもしれませんね。

Similar Posts:

Comments are closed.