たかばたけかしょうたいしょうろまんかんめーるまがじんだいじゅういっかい

愛媛県東温市にある高畠華宵大正ロマン館より、最新のメール・マガジン、第11号が到着しました。

image00309.jpg以前のメール・マガジンで読者から意見を募集し、それを参考に作られたミュージアム・ショップの新オリジナル・グッズ。前回メール・マガジンから、それらについての紹介が始まっています。前回は3種類作られた新オリジナル・グッズより、チョコレート・ボックスとボールペンが紹介されていました。今回は最後の1種類、トート・バックが紹介されています。

ほぼ正方形(34cm×34.5cm)のトート・バックは、写真のように華宵の作品がプリントされています。写真の例では左のベージュのトート・バックには《月の夕》という作品、右の黒のトート・バックには《七転八起開運出世双六》という作品が用いられているようです。なかなか良さそうです。

この華宵の作品の部分は、プリントされているだけではなく、サイド・ポケットも兼ねているようで、この部分にも多少荷物を入れられるようですね。機能的にも工夫されていて、実用的に思えます。

私もトート・バックをよく利用するのですが、持っている物の全ては布製です。これまでもそうでした。この大正ロマン館のトート・バックのように、ポリエステルのものは利用したことはありません。したがって使いやすいのか使いにくいのか、耐久性があるのかないのか、あまり想像がつきません。しかしながら紹介文にもあったように、雨の日は確かに使いやすいかもしれないかと思いました。

ミュージアム・ショップには、まだこれらの商品の写真などは掲載されていませんが、そのうちに紹介されることになるかと思います。メール・マガジンの読者でない方は、そちらで商品の写真などを確認してみてください。

ところで今回のメール・マガジン、冒頭の挨拶は次のように始まっています。

あっという間に12月。
街はクリスマス色になってきましたね。
新オリジナルグッズは、クリスマスプレゼントにぴったりです。

季節に関する話題から、挨拶を始めるのは、良くあるパターンです。今なら、当然クリスマスの話題です。

しかし、それを更に、ミュージアム・ショップの新オリジナル・グッズと結びつけ、「クリスマス・プレゼントにいかがですか?」と話を展開するあたり、このメール・マガジンの著者からは、関西人の香りが漂ってきます。商売上手です。

Similar Posts:

One Response to “たかばたけかしょうたいしょうろまんかんめーるまがじんだいじゅういっかい”

  1. cheasneko says:

    はい、香り漂う関西人です(笑)。
    このバッグなかなか好評なんですよ〜。
    ポリエステル、間違いなく使いやすいです!

    ドイツのクリスマス、綺麗でしょうね〜。
    うらやましいです。