ふらいんぐ・ぶるー

image00367.jpg
▲Flying Blue▲
▲www.airfrance.frより▲

数年ぶりに日本に帰国することになり、ドイツ〜日本往復航空チケットを、Air Franceで購入したことは、以前のエントリーに記しました。

後日、この航空チケットを購入した話を、仕事先の同僚であるほりえんこさんに話していたら、同じく2月に日本に一時帰国される予定のほりえんこさんが、マイレージサービスについて少し話をしてくださいました。

マイレージサービスとは、航空会社がその顧客に対して行なうポイントサービスのことです。搭乗した距離に応じて、航空会社はポイントを顧客に与え、ある一定のポイントを貯めると、顧客はそのポイントを使って様々なサービスが獲得できます。

私はそういったマイレージサービスの存在については知っていましたが、これまで利用したことはありませんでした。年にそう何度も飛行機に乗る機会はないからです。日本にいるときは、年に2度か3度、大阪から東京へ移動するのに利用していただけです。ドイツに来てからは、これまでで1度か2度利用したことがある程度でしょうか。したがって、あまりポイントは貯まらないだろうということで、特にマイレージサービスを利用することもありませんでした。

ただ、ほりえんこさんの話を聞いていると、まめにポイントを集めておくと、航空券獲得まではいかないにしても、そこそこメリットがありますよ、という感じでした。

ということで、仕事から帰って早速マイレージサービスについて調べてみました。

私が今度利用する航空会社は、Air Franceですが、そのAir FranceはオランダのKLM Royal Dutch Airlinesと共同で、Flying Blueというマイレージサービスを提供しているようです。

Air Franceを利用したときにポイントを貯めるためには、このFlying Blueに入会していると良いらしいのですが、もう少し調べてみると、日本の航空会社である日本航空のマイレージサービス、JALマイレージバンクに入会しても、ポイントを貯められるということが分りました。

それで両者どちらかのマイレージサービスに入会しようと思い、両者のサービス内容について読んでみたのですが、複雑で、残念ながら私にはあまり良く理解できませんでした。

特にJALマイレージバンクは、飛行機に乗らなくとも、ショッピングなどの利用でもポイントが加算されるらしく、それが売りでもあるらしいのですが、私にとっては逆に、それが複雑に思えて、マイナスに感じられました。

確かに飛行機に乗る機会が少ない私にとっては、飛行機に乗らなくともポイントを加算できるのですから、良さそうなシステムではあります。

しかしながら、ショッピングをしたりする際に、わざわざカードを提示することを私が続けられるかといえば、あまり自信はありません。またホテルなどとも提携していて、宿泊すればポイントが加算されるみたいですが、そのホテルのリストを見た限りでは、高級すぎて、私の利用範囲にはかすりもしません。

そのような感じだったので、なんだか相対的にFlying Blueのサービスがよく思えてきました。JALマイレージバンクに比べて、あまり特典は多くなさそうですが、逆に、それがシンプルで私には分りやすかったです。

Flying Blueのサービスの中で、私がJALマイレージバンクのサービスよりも良いと思ったのは、貯めたポイントの有効期間を延長できることでした。

JALマイレージバンクでは、獲得したポイントは、最長3年までしか有効ではないらしく、古いポイントは失われていくようです。

それに対してFlying Blueの獲得ポイントは、3年有効ですが、その3年の間に1度でもAir Franceもしくは提携航空会社(SkyTeam Alliance)の路線を利用すれば、全てのポイントの有効期限が、その時点より3年に延長されるようです。

3年もあれば、1度はSkyTeam Allianceの航空会社を利用するでしょう。したがって、Flying Blueのほうが私にとっては、有効にポイントが貯められそうです。

JALマイレージバンクの方に、何の魅力もないかといえば、そうでもなく、JALファミリークラブというサービスにはひかれました。

このJALファミリークラブは、日本国外在住者のみが入会できるのですが、一番の特徴は、家族それぞれの獲得ポイントを、1つにまとめられるということです。

普通のマイレージサービスでは、一人に対して1枚のカードが発行されます。そして、そのカードに貯まったポイントは、その他の誰のカードのポイントとも合算することは出来ません。しかしJALファミリークラブならそれが可能です。

これならば、家族が多くなれば、ある程度のポイントを獲得するのも、一人で集めるよりだんぜん早く行なうことが出来ます。

このJALファミリークラブのサービスは、非常に魅力的であります。しかし、日本国外在住者のみ対象なので、現在は対象である私ですが、帰国後はその恩恵が受けられません。ドイツにあと10年も居る気はないので、メリットを受けられる期間も限られています。

ということで、比較検討した結果、私は今回Flying Blueに入会することにしました。

今、Flying Blueに入会すると、2つ特典があるようです。

ひとつは、新規入会者には今、「ウェルカムボーナス」と称して、3000マイルが加算されます。

もうひとつには、「ウィンター”ダブル”マイル キャンペーン」というのが行なわれていて、2008年1月1日〜2月28日の期間中に、Air Franceで日本〜フランスを利用すると、獲得マイル数が通常時の2倍になるそうです。この期間中、日本へ一時帰国する私には、ピッタリの特典です。

Flying Blueではポイントを獲得すると、どういったサービスを受けられるのか、まだ調べていないのでよく分りませんが、そのうち何かと交換できるくらい、ポイントが貯まればと思っています。

それにしても、皆さん、マイレージサービスの複雑なサービス内容、よく理解できるものですね。いや、ただ単に、私に問題があるだけでしょうか・・・

Similar Posts:

Comments are closed.