あちらこちらに

image00428.jpg
▲自宅前にて▲

天気の良い休日だった昨日は、またまた妻と公園へ卓球をしに出かけました。

初めて2人で卓球を行なった前回のは、限りなく「温泉卓球」に近いものでした。したがって、それを脱出するべく、今回はまず練習っぽいことから始めてみることに。

とはいっても、よく練習方法が分らないので、とりあえずラリーを30回続けることを目標に設定し、ひたすらラリーを繰り返します。

本当に出来るのかどうか半信半疑で始めてみると、いきなり29回続きます。残念ながら、最後に集中力の切れた私がミスをして、初回での30回達成はなりませんでした。しかし、「簡単、簡単。」と思ってしまったのがダメだったのでしょうか、その後は15回前後までしか、ラリーは続きません。集中力が無くなったり、技術的な問題があったりで、なかなか30回と数字に近づきません。

ただ、何回も何回もラリーを続けることを行なっていると、時々そこそこ「脱・温泉卓球」になっているときもありました。そういうときは、2人には笑いもなく、言葉も交わさず無口です。回りから見ると、恐いかもしれませんが、集中できているということでしょう。

その後、何度も何度もラリーを続けることを繰り返していると、ようやく30回ラリーを続けることが出来ました。ただ、出来たといっても、本当に1回出来ただけです。「たまたま」でしょう。この30回ラリーが続く確率を、これからどんどん高めていくのが次の目標でしょうか。

練習後は5セットマッチ制で、3試合も行なってしまいました。今回も前回と同様、各セットかなり接戦となります。しかし、私の集中力が割と良く持続したため、1セットも落とすことなく、3試合とも私の勝ちでした。

そして試合の後は、もう一度練習を。なんだか、部活動のような卓球でしたね。

卓球をしに公園へと向うため、住まいのある建物を出ると、建物前の芝生のところに、様々な花が咲いていました。当初は卓球セットとお茶しか持っていませんでしたが、急遽カメラを取りに帰り(じゃんけんで負けた妻が)、2人で臨時の撮影会を行ないました。上や下に掲載している写真が、その時に撮影したものです。

image00429.jpg
▲自宅前にて▲

image00430.jpg
▲自宅前にて▲

image00431.jpg
▲自宅前にて▲

こういったシンプルに美しいものを撮影すると、出来上がってきた写真は、なぜだかそのきれいさを数分の一程度しか伝えることが出来ていません。難しいです。せめて、そのとき自分が目で見て感じた感動を、同程度伝えることの出来るような写真を撮影できる、感性と技術を得られるようになりたいものです。


大きな地図で見る
▲卓球台のある公園▲
▲Google マップより▲

Similar Posts:

Comments are closed.