でんしゃとばすでいくみゅんへんのやまやま

image00484.jpg
▲『Mit Bahn und Bus in die Münchner Berge』、Bergverlag Rother GmbH▲
▲ISBN : 978-3-7633-3032-4▲
▲2007年第1版発行、14.90Euro▲

私がこのブログで掲載している写真を見て貰えば、すぐにお分かりのように、München(ミュンヘン)は、とても良い気候になっています。ということで、行動範囲も町の中だけに限ることなく、「そろそろ、また山にでも行きたいな。」という気持ちがわき上がってきています。

昨年、一昨年と山登りを楽しみましたが、幸いなことに友人が企画してくれたので、私は指示された時間に、指示された場所に行き、ただ登ることを行なえば良いだけというものでした。

しかしながら、今年は自分でも計画して、どこかの山へ行ってみたいなと思っています。幸いなことに、妻も山登りは好きだということなので、2人で計画して、どこかの山へ出かけることにしました。

ということで、まずはガイドブック探しからです。

残念ながら海からは遠いMünchenですが、その代わり、アルプスに近く、この時季は登山を楽しむことができます。電車で2〜3時間のうちに、アルプスを含む沢山の山々に到着することが可能です。したがって、多くの人々がこの時季は登山を楽しみます。また、そういったことから需要が多いのだと思いますが、書店に行けば、沢山の登山に関するガイドブックが販売されています。

妻と私が訪れた、Marienplatz(マリーエン広場)の大型書店、Hugendubelでも、登山のためのガイドブックのコーナーがあり、そこではたくさんのガイドブックが売られていました。

そのたくさんのガイドブックの中から、私たちが選んだのは、Rother社から出版されている、『Mit Bahn und Bus in die Münchner Berge』(2007年)というガイドブックです。14.90Euroでした。

このガイドブックを選んだ理由は、全ての目的地に、電車かバスで到着できるものばかりが掲載されているからです。

車社会のドイツなので、多くのガイドブックでは、車があれば到着できるものが紹介されています。しかし、私たち夫妻は車も持っていなければ、運転免許証すら取得していません。したがって、車でしか到着できないところには、当然行くことが出来ません。ということで、このように、公共交通機関だけで訪れることの出来る登山場所を紹介してくれているガイドブックは、私たち夫妻にはぴったりなのです。

内容を見ると、なかなか興味のありそうな場所がいくつかありました。このガイドブックを見ながら、妻と登山の計画を立てたいと思います。


大きな地図で見る
▲Buchhandlung Hugendubel Marienplatz in München▲
▲Google マップより▲

Similar Posts:

Comments are closed.