かんでぃんすきーかいこてん

image00493.jpg
▲Wassily Kandinsky, Improvisation 19 (1911)▲
▲Oil on canvas, 120cm x 141.5cm▲
▲Städtische Galerie im Lenbachhaus▲
▲Munich, Germany▲

2008年10月25日〜2009年2月22日にかけて、München(ミュンヘン)にあるKunstbau(クンストバウ)にて、「WASSILY KANDINSKY – ABSOLUTE. ABSTRACT. RETROSPECTIVE 2008/2010」という展覧会が開催されます。

この展覧会では主に、Kandinskyの3大コレクションとして有名な、MünchenにあるStädtische Galerie im Lenbachhaus(ミュンヘン市立ギャラリー・レンバッハ・ハウス)、Paris(パリ)にあるCentre national d’art et de culture Georges-Pompidou(ジョルジュ・ポンピドゥ国立美術文化センター)、New York(ニューヨーク)にあるSolomon R. Guggenheim Museum(ソロモン・ロバート・グッゲンハイム美術館)から、作品が持ち寄られ、展示されます。

Städtische Galerie im Lenbachhausからは、Gabriele Münter(ガブリエーレ・ミュンター)によって寄贈された、主にDer Blaue Reiter(青騎手/青騎士)時代の、1908年〜1914年にかけての作品が、Centre national d’art et de culture Georges-Pompidouからは、ロシア革命頃からKaindinskyのBauhaus(バウハウス)時代までの、1917年〜1933年の作品が、Solomon R. Guggenheim Museumからは、KandinskyのParis時代にあたる、1933年〜1944年の作品が出品される予定です。

Centre national d’art et de culture Georges-Pompidouからはまた、Nina Kandinsky(ニーナ・カンディンスキー)寄贈による、Paris時代の作品も出品されるとのこと。さらに、これらのコレクションでは欠けている部分を、その他の世界各国のKandinsky作品所蔵館から借り出すことになっているようです。正に、回顧展と言う名に、相応しい内容の展覧会になると思われます。

これら、Kandinskyの3大コレクションを所蔵する美術館が、ここまでの規模でKandinsky作品を一度に持ち寄り、展示するような展覧会は、今回が初めてだとのこと。この展覧会は、Münchenで展示された後はParis(2009年4月〜2009年8月)へ、そして最後はNew York(2009年9月〜2010年1月)へと、およそ1年をかけて巡回します。

どのようなKandinsky作品が、この展覧会で見られことになるのか、色々と想像しながら、楽しみに待ちたいと思います。

WASSILY KANDINSKY – ABSOLUT. ABSTRACT.
RETROSPEKTIVE 2008/2010
Städtische Galerie im Lenbachhaus und Kunstbau
Address Luisenstraße 33
80333 München
Phone +49-89-233-32-00-0
Fax +49-89-233-32-00-3/4
URI http://www.lenbachhaus.de/
E-Mail lenbachhaus@muenchen.de
Museum Hours Tuesday – Sunday : 10:00 a.m. – 10:00 p.m.
Museum Admission Regular : €12
Reduced : €6
Family ticket : €18


大きな地図で見る
▲Kunstbau▲
▲Google マップより▲

Similar Posts:

Comments are closed.