もすきーとふぇんすたー

image00528.jpg
▲OBI Heimwerkermarkt▲

妻と、OBIという、ドイツでは割とメジャーなホーム・センターに出かけてきました。OBIには行こうと妻と計画を立てていたものの、ここ3週間は、平日、土曜日とも、私に仕事が入っていたため、買い物に出かけられませんでした。それで、今日は私の久々の休みを利用して、OBIに買い物をということになったのです。

OBIに買いにいったものは網戸です。私のたっての希望で、購入することにしました。

日本の住まいと違って、ドイツの住宅には冷房が設置されていることは、ほとんどありません。しかしながら、湿気が少ないこともあり、日陰にはいると涼しいため、夏に冷房がなくても、窓さえ開けておけば、家の中は涼しいです。特に夜などは、昼間と比べてグンと気温が下がるため、窓を開けておくと、ひんやりとした冷気が部屋の中に入ってきて、涼しく生活することが出来ます。

しかしながらドイツの窓には、網戸がないのです。ということで、夜、窓を開けておくと、虫が入ってきます。日本とは異なり、蚊がほとんどいないため、窓を開け放しておいても、蚊が入ってきてかまれるということはまずありません。しかしながら、虫は日本のようにいるので、どんどん入ってきます。

ドイツ人は、そうやって虫が入ってくることを気にしないのでしょうか、先ほども記したように、家の窓に、標準的に網戸が設置されていません。妻も虫が入ってくることは、あまり気にならないみたいです。

しかしながら、私はとても気になるのです。そして、虫が嫌いなのです。虫に触れないほどではないですが、触らずに済むのなら、触りたくないと思っています。したがって、虫が入ってくると落ち着かないのです。

ということで、網戸がなかったときは、どんなに部屋が暑くなろうとも、電気を消すまでは、部屋の窓を閉め切って、扇風機を利用していました。

でも、それでは電気代ももったいないし、何よりも、扇風機だけではやはり暑いということで、妻を説得して、網戸を設置することにしました。

ドイツでは、網戸は一般的ではないものの、ホーム・センターに行けば手にすることが出来ます。ホーム・センターでは2種類のタイプの網戸を売っていました。ひとつは、日本と同じように、サッシのようになっているもの。もうひとつは、窓枠に貼り付けて使うタイプのものです。

サッシ・タイプのものが見慣れているし、使いやすそうですが、いかんせん、お値段がちょっと高めです。ひとつのサッシで50Euro以上はします。それはちょっと手が出ません。もうひとつの、貼り付けて使うタイプのものは、ひとつの窓枠に対して、20Euroぐらいとなっています。ということで、私の財政的な問題から、後者の貼り付けて使うタイプのものを選択し、購入しました。

さて、帰宅後、早速窓枠に取り付けます。手順は、まず網戸を貼り付ける、窓枠をキレイにすることからはじまります。つぎに、キレイにした窓枠に、両面テープを貼り付けていきます。この両面テープ、窓枠に貼るほうは、通常の粘着テープのようになっていますが、網戸を貼る部分は、粘着テープではなく、マジックテープになっています。そして、このマジックテープに、網戸を貼り付けていき、余ったところを切りとれば完成です。

ひとつの窓枠に対して、15分ぐらいの作業時間だったでしょうか。割と簡単に作業を終えることができました。しかも、思ったよりキレイに貼ることが出来ました。

さっそく、電気をつけて、窓を開け放してみましたが、虫は入ってきません。正確には、全く入ってこないわけではなく、編み目より小さい虫は入ってきます。しかし、1mm x 1mmもない編み目から入ってくる虫は、別段気になるほどのものでもありません。

窓を開け放しておくと、気温もいつもよりグンと低めです。窓を閉めていると、28度ぐらいの時もあるのですが、窓を開けておくと、25度ぐらいに下がっています。いつもより、3度も違うと、かなり涼しさが違います。扇風機も要らなくなりました。こんなことならば、去年、購入しておけば良かったなと思っています。

ひとつ残念なことといえば、網戸を設置したことによって、このブログで何度か掲載したような、窓からの眺めを写真に撮ることが出来なくなったということでしょうか。しかし、この虫のいない、そして、涼しい生活が得られるなら、それぐらいは我慢しなければならないでしょう。

それほど費用もかからず、しかも高い効果の得られる網戸、設置して良かったと思います。「虫ぐらい我慢しなさい!」と言わず、網戸の設置に同意してくれた妻に感謝です。


大きな地図で見る
▲OBI Heimwerkermarkt München-Haar▲
▲Google マップより▲

Similar Posts:

Comments are closed.