なのいろいろ

image00588.jpg
▲iPod nano▲
▲www.apple.comより▲

今朝起きて、アップルのサイトを確認してみると、ホーム・ページが、なんだか賑やかなことになっています。よく見てみると、そこに紹介されているのは、新しくなったiPod nanoでした(「アップル、新しいiPod nanoを発表」)。

新しいiPod nanoの特徴は、なんと言っても、人目を引く、鮮やかなカラーのラインナップでしょう。そのカラーは、全部で9色。シルバー、ブラック、パープル、ブルー、グリーン、イエロー、オレンジ、(プロダクト)レッド、ピンクが用意されています。

先代のiPod nanoは、正方形に近い形をしていましたが、今回のは、それ以前と同じ、縦長の長方形です。私としては、この縦型の方が、すっきりと見えて好みですね。そして、見た目のすっきりした新しいiPod nanoは、薄さも6.2mmしかなく、これまででもっとも薄いとのことです。

おもしろいと思ったのは、新しいiPod nanoには、加速度センサーが搭載され、本体を軽く振ることによって、自動的にシャッフル・モードになるという機能がつけられていることです。加速度センサーも、シャッフル・モードも、どちらも新しい機能ではありませんが、組み合わせによって、こんなにもおもしろいことが出来るのかと思いました。あるものを振ると、シャッフルされるというのは、日常世界でも良くあることですが、それをデジタルでやってしまおうとは、これまでおそらく、誰も考えなかったことだろうと思います。着眼点がおもしろいです。

私は、古い古いiPodを持っていますが、ほとんど使われることなく、机の引き出しに眠っています。ということで、今は私の生活にiPodは必要ないみたいなので、新しいiPod nanoを購入することはまずないと思います。しかしながら、少し「買いたいなぁ。」という気分になりました。商売上手です。アップルは。

Similar Posts:

Comments are closed.