しっかりがっちり

image00596.jpg
▲LaCie▲

München(ミュンヘン)の中心地にある、家電量販店SATURNにて、特価で販売されていた、外付けのハード・ディスクを購入しました。

今回購入したハード・ディスクは、LaCie社のもので、「LaCie Desktop Hard Disk – Hi-Speed USB 2.0 – 500GB 」といいます。ハード・ディスクの容量は、500GBとなっており、これが、SATURNにて、99Euroで売られていました。

外付けのハード・ディスクですが、実のところ、私はもうすでに1台持っています。同じく、LaCie社のもので、「LaCie Hard Drive / Design by F.A. Porsche – FireWire 400 / Hi-Speed USB 2.0 – 160GB」といい、160GBの容量を持っている、外付けハード・ディスクです。3年ほど前に、同じくSATURNで、99Euroで購入しました。

これまで私は、Macに内蔵されている、80GBの内蔵ハード・ディスクをメインに、そして、その160GBの外付けハード・ディスクをバック・アップ用に利用してきました。

しかしながら、最近は、写真を多く撮りためているせいか、内蔵80GBの容量がどんどんと減ってきています。現在のところで、残り6.7GBほどです。恐らく、この容量だと、半年ぐらい経てば、すべて埋まってしまうと思われます。

最初は、内蔵のハード・ディスクを、今の2倍ぐらいの容量、つまり、今持っている、160GBの外付けハード・ディスクと、同容量の内蔵ハード・ディスクに変えようと思いました。しかしながら、ドイツでは、私がこれまで利用してきたことのある、日立グローバルストレージテクノロジーズ富士通といったメーカーのものが、簡単には手に入りません。私が今回外付けハード・ディスクを購入したSATURNでも、扱っているのは、SAMSUNGだけでした。

まあ恐らく、SAMSUNGのものでも、問題はないと思いますが、利用したことがないだけに、不安ではあります。大事なデータを記憶させておくのですから、信頼できるメーカのものを利用したいのは当然です。

ということで、内蔵ハード・ディスクを交換するという方法は諦めました。その代わりに考えついたのが、今利用している、内蔵ハード・ディスクと160GBの外付けハード・ディスクを、メインのハード・ディスクとして利用し、追加でもう1台外付けハード・ディスクを購入し、それを、バック・アップ用に利用するというものです。

そしてエントリー冒頭の話に戻り、新たに500GBの容量を持つ、外付けハード・ディスクを購入に至ります。LaCie社の外付けハード・ディスクは、これまでも利用してきて問題はありませんでした。したがって、安心して、データを保存することが出来ます。それに、今回購入した外付けハード・ディスクは、容量と価格のバランスが良く、お買い得だと思いました。

今後は、内蔵ハード・ディスク内にある、iPhotoで利用している写真データや、iTunesで利用している音楽データは、160GBの外付けハード・ディスクに移動して、そちらで保存することにしたいと考えています。今のところ、2つのデータをあわせても、25GBぐらいなので、160GBもあれば、しばらくは埋まることはないでしょうし。

早速500GBの外付けハード・ディスクを初期化中です。初期化が終われば、データの移行を進めたいと思います。


大きな地図で見る
▲SATURN München Neuhauser Straße▲
▲Google マップより▲

Similar Posts:

Comments are closed.