う゛ぃんたーつぁいとにせんはち

image00648.jpg
▲Mitteleuropäische Zeit▲
▲de.wikipedia.orgより▲

本日の午前3時(MESZ/UTC+2)をもって、ドイツでは、Mitteleuropäische Sommerzeit(MESZ/中央ヨーロッパ夏時間)から、Winterzeit(冬時間/UTC+1)へと移行しました。

日常では、Winterzeitと口にすることが多いですが、正確には、Mitteleuropäische Zeit(MEZ/中央ヨーロッパ時間)と言います。Winterzeitは、Sommerzeitに対しての言葉だと思いますが、Sommerzeitが特別な時間であるだけで、それ以外の時のほうが、通常ですから。「SommerzeitからWinterzeitに変わる」というよりは、「Sommerzeitから元の時間に戻った」という方が、本来の意味合い的には正しいのです。したがって、Nomalzeit(普通時間)というふうに、言うこともあります。

さて、本日の午前3時(MESZ/UTC+2)に、時計の針が、それまでよりも1時間遅らされ、午前2時(MEZ/UTC+1)となりました。日本との時差は、Sommerzeitの間は7時間でしたが、これからは8時間になるということです(日本時間/UTC+9 – 8時間 = ドイツ時間/UTC+1)。

昨日の晩餐会で、Hが「明日からWinterzeitですよ。」と、わざわざアナウンスしてくれたにも関わらず、今朝起きたときは、まだSommerzeitでの時刻でした。私の机の上の電波時計と、Macの時計が、私の携帯電話の時間より、1時間遅かったので、気がついたのです。おかげで今朝は、2度寝が出来、1時間長く寝ることが出来ました。私にとって、Winterzeitのメリットは、この日付が変わったときの1時間のみですね。

Similar Posts:

Comments are closed.