だいさんのかんでぃんすきーてん

image00683.jpg
▲Gabriele Münter, Kandinsky mit Spaten beim Umgraben im Garten des Murnauer Hauses (1910/1911)▲
▲Copyright (C) Gabriele Münter und Johannes Eichner Stiftung▲
▲Städtischen Galerie im Lenbachhaus▲
▲Munich, Germany▲
▲www.kandinsky-muenchen.deより▲

このエントリーを始めとして、すでにこのブログで、何度か紹介したことがありますが、現在、München(ミュンヘン)にある、Kunstbau(クンストバウ)では、この地にゆかりのある画家、Wassily Kandinsky(ワシリー・カンディンスキー)の回顧展、「WASSILY KANDINSKY – ABSOLUTE. ABSTRACT. RETROSPECTIVE 2008/2010」(2008年10月25日〜2009年2月22日)が開催されています。Kandinskyの回顧展としては、かつてない規模と質での展覧会ということもあり、評判は上々だとのこと。新聞などのメディアでも、良く話題にされていることも関係あるのでしょうか、連日多くの人びとが鑑賞に訪れ、賑わっているようです。

その展覧会、「WASSILY KANDINSKY – ABSOLUTE. ABSTRACT. RETROSPECTIVE 2008/2010」の高い評価に、埋もれてしまった感があるのが、Kunstbauのお隣、Städtische Galerie im Lenbachhaus(ミュンヘン市立ギャラリー・レンバッハ・ハウス)にて、同時期に行われている、同じくKandinskyをテーマにした展覧会、「KANDINSKY – DAS DRUCKGRAFISCHE WERK」(2008年10月25日〜2009年2月22日)です。メディアへの露出が少ないこともあり、人びとの関心はあまり高くないようで、私がよく訪れる、19時30分〜22時の時間帯だと、この展覧会への訪問者数は、「WASSILY KANDINSKY – ABSOLUTE. ABSTRACT. RETROSPECTIVE 2008/2010」を訪れる人の数の、5分の1か、もっと少ないのではないでしょうか。

「KANDINSKY – DAS DRUCKGRAFISCHE WERK」については、以前のエントリーで紹介しましたが、私は、こちらの展覧会の方が、Kunstbauの「WASSILY KANDINSKY – ABSOLUTE. ABSTRACT. RETROSPECTIVE 2008/2010」よりも、おもしろいと感じています。ただ、一般的には、そう感じられないようで、会場で作品を見ている人の反応も、あまり良さそうではありません。やっぱり、Kandinskyといえば、油絵なのでしょうか。

しかしながら、「WASSILY KANDINSKY – ABSOLUTE. ABSTRACT. RETROSPECTIVE 2008/2010」に埋もれてしまっている、「KANDINSKY – DAS DRUCKGRAFISCHE WERK」よりも、さらに埋もれてしまっているKandinsky関連の展覧会が、現在、Städtische Galerie im Lenbachhausで行われています。その展覧会には、特に名前はついていませんが、「WASSILY KANDINSKY – ABSOLUTE. ABSTRACT. RETROSPECTIVE 2008/2010」、「KANDINSKY – DAS DRUCKGRAFISCHE WERK」に続く、3番目のKandinsky展と言っても良いのではないでしょうか。

その、第3のKandinsky展とは、Städtische Galerie im Lenbachhausでの、常設展のことです。「なんだ、常設展か。」と思われる方もあるでしょう。しかし、たかが常設展と侮るなかれ、現在の常設展は、「特別」常設展とでもいうような展示となっています。

通常、Städtische Galerie im Lenbachhausでの常設展示では、KandinskyやBer Blaue Reiter(青騎手/青騎士)の作品が鑑賞可能です。しかしながら、常設展示にて、普段は展示されてあるKandinskyの作品のいくつかに関しては、今回、「WASSILY KANDINSKY – ABSOLUTE. ABSTRACT. RETROSPECTIVE 2008/2010」のほうへ貸し出されています。したがって、それら作品が飾られていたところには、空きスペースが出来てしまいました。そのような空間を埋めるために、普段は展示されていない、他の作家の作品が持ってこられているところもあるのですが、Kandinsky関連の作品で埋められているところもあります。そして、そのようなところでは、普段の常設展では見ることの出来ない、Kandinsky関連の作品を、現在見ることが出来るのです。

その、普段は見ることの出来ない作品とは、上や下に掲げたような、Gabriele Münter(ガブリエーレ・ミュンター)による、写真作品です。

image00684.jpg
▲Gabriele Münter, Kandinsky in der Schnorrstraße 44, Dresden, Sommer (1905)▲
▲Copyright (C) Gabriele Münter und Johannes Eichner Stiftung▲
▲Städtischen Galerie im Lenbachhaus▲
▲Munich, Germany▲
▲www.kandinsky-muenchen.deより▲

以前のエントリーで紹介したことがありますが、2007年2月10日〜2007年6月3日にかけて、ここ、Städtische Galerie im Lenbachhausでは、「GABRIELE MÜNTER – DIE JAHRE MIT KANDINSKY PHOTOGRAPHIEN 1902-1914」(ガブリエーレ・ミュンター ー カンディンスキーとの年月 1902年 ー 1914年の写真)という展覧会が、開催されていました。MünterがKandinskyと過ごした時期に収めた写真が、初めてまとめて公開された展覧会です。そのとき展示されていた、Münterの写真作品が、現在、常設展より貸し出されたKandinsky作品の、占めていた空間を埋めるようにして、展示されています。

ここに展示されてある写真作品は、先ほども記しましたが、普段、Städtische Galerie im Lenbachhausの常設展には展示されていません。しかも、特別展を組んで展示したために、今後、まとまってこれら作品を見られる機会は、しばらくないものだと考えていました。しかし、幸いなことにも、再びここで見られることが出来るのです。これは、幸運としか、言いようがありません。それゆえに、「特別」常設展なのです。

これらの写真作品、現在は、Städtische Galerie im Lenbachhausの、北東の地上階に移された入り口から、一番遠い、南西1階(日本式2階)の展示室に展示されています。そのせいか、人影はまばらです。そのため、ゆっくりと、思う存分作品が鑑賞できます。。

「GABRIELE MÜNTER – DIE JAHRE MIT KANDINSKY PHOTOGRAPHIEN 1902-1914」を見逃してしまった方は、「WASSILY KANDINSKY – ABSOLUTE. ABSTRACT. RETROSPECTIVE 2008/2010」を見に来る機会があるならば、「KANDINSKY – DAS DRUCKGRAFISCHE WERK」とともに、是非忘れずに見てもらいたい展示です。

image00685.jpg
▲Gabriele Münter, Kansindky an seinem Schreibtisch in der Ainmillerstraße 36, München, Juni (1913)▲
▲Copyright (C) Gabriele Münter und Johannes Eichner Stiftung▲
▲Städtischen Galerie im Lenbachhaus▲
▲Munich, Germany▲
▲www.kandinsky-muenchen.deより▲


大きな地図で見る
▲Städtische Galerie im Lenbachhaus▲
▲Google マップより▲

Similar Posts:

Comments are closed.