くましゅつぼつちゅうい

image00690.jpg
▲Christkindlmarkt im Kaiserhof der Münchner Residenz▲

上掲の写真、一見、くまのぬいぐるみの写真のように見えるかもしれませんが、いわゆる「ぬいぐるみ」の写真ではありません。よく見てもらえれば、お分かりいただけるかと思いますが、くまの足下には、回転木馬ならぬ、回転犬(!?)がおります。そう、このくま、メリーゴーラウンドの中心に据え付けられている、飾りなのです。

「ということは、遊園地へ行ってきたのか。」と思われた方、ちょっとそれは早急です。私、遊園地に、行ってきたわけではありません。行ってきたのは、Münchner Residenz(ミュンヘン・レジデンツ)です。

来年初頭に、日本へ完全帰国する予定のYを囲んで、Kや妻と一緒にカフェで語り合った後、妻と一緒に、一昨日から始まった、München(ミュンヘン)のChristkindlmarkt(クリスマス・マーケット)を、少しだけ見にいきました。そのときに、立ち寄ったのが、Münchner Residenzにある、Kaiserhofで行われている、Christkindlmarktです。

このChristkindlmarkt、妻が、「是非行ってみて!」と勧めるので、足を運びました。「いったい、何があるのだ。」と思いつつ、出かけていって出会ったのが、上掲のくまです。

image00691.jpg
▲Christkindlmarkt im Kaiserhof der Münchner Residenz▲

最初の写真では分かりづらいので、もう少し、引いて写した写真を掲載してみます。どうでしょうか。そのくまの大きさが、お分かりいただけるでしょうか。分かりづらければ、後ろにある小屋の屋根と、高さを比べてみてください。

「Christkindlmarktに、なぜにこんな巨大なくまが?」というくらい、この場には、全くなじんでいない彼女・彼です。ドイツ人にも、それは珍しいらしく、写真を撮っている姿を、結構目にしました。

Münchner Residenzとくまは、何か関係があるのでしょうか。動物と関係があるとすれば、ライオンだと思うのですが。私の持っている知識では、ここにくまがある理由が全く分かりません。

とはいえ、別段ダメだと言うわけではなく、理由が分からなくても、私は、ここにくまがあることは、かなりほほえましくて、個人的には良いと思いました。

寒空のもと、くまのいる近くのお店で、ステーキ・ゼンメル(ステーキの挟まったパン)を購入し、それを食べつつ、しばらくの間、くまを眺めて過ごします。空気は冷たいけれど、心は温かくなる光景でした。


大きな地図で見る
▲Münchner Residenz▲
▲Google マップより▲

Similar Posts:

Comments are closed.