じゅっさいとろくじゅっさいときゅうじゅうさんさい

image00713.jpg
▲『BT 美術手帖』、美術出版社▲
▲2008年12月号、第60巻通巻916号、2008年11月17日発売、2008年12月1日発行▲
▲ISSN : 0287-2218▲
▲210mm x 146mm x 23mm、2000円▲
▲book.bijutsu.co.jpより▲

CLUB JAPAN」へ頼んでいた雑誌と書籍が、届きました。定期購読している雑誌が2冊と、それ以外の雑誌が1冊、そして書籍が2冊です。結構な分量(厚さ)になったので、配達指定先のPostfach(私書箱)には入りきらなかったようで、自宅へ直接届けられました。

最初の1冊は、定期購読している雑誌である『BT 美術手帖』の2008年12月号です。

今月号は、「創刊60年記念特大号」と題されていました。どうやら、今年で、『BT 美術手帖』は、創刊60年を迎えるようです。図書館などで、かなり古そうな『BT 美術手帖』を読んだことがありますが、こんなにも、長い歴史を持った雑誌であるとは、知りませんでした。随分と長く続いている、雑誌なのですね。

私が『BT 美術手帖』を読み始めたのは、高校生の頃なので、1990年代初頭のことです。今月号には、歴代の『BT 美術手帖』の表紙が掲載されているのですが、私が『BT 美術手帖』を読み始めた頃の表紙も掲載されており、懐かしく感じました。

image00714.jpg
▲『Casa BRUTUS』、マガジンハウス▲
▲2008年12月号、第9巻12号、通巻105号、2008年11月13日発売、2008年12月1日発行▲
▲282mm x 230mm x 14mm、980円▲
▲magazineworld.jpより▲

2冊目も、定期購読している、『Casa BRUTUS』で、その2008年12月号が届いています。

『Casa BRUTUS』も、今年で創刊10周年を迎えるとのこと。こちらは、私が、大学生の頃に創刊されているので、当時のことは、良く覚えています。あれから、10年も経っているとは、私も歳を取ったはずです。

今月の『Casa BRUTUS』の特集は、「ベスト・デザイン事典。」ということ。『Casa BRUTUS』が創刊された1998年から、現在までの間のデザインについて、取り上げられているようです。懐かしいと感じるものも、ちらほらと見受けられました。

image00715.jpg
▲『CasaBRUTUS 特別編集 新装版 柳宗理』、マガジンハウス▲
▲2008年9月10日発売▲
▲ISBN-13 : 978-4838785360▲
▲284mm x 226mm x 10mm、1200円▲
▲magazineworld.jpより▲

こちらは、『Casa BRUTUS』によって、特別編集された雑誌です。デザイナー、柳宗理の特集になっています。

この雑誌、2003年5月に発売された、同名の雑誌の改訂版です。その雑誌は、私も購入しており、日本に置いてあるのですが、新たなデータや写真が加えられているとのことなので、再度購入しました。

今月は、このほかにも、語学学習関係の書籍を2冊購入しましたが、適当な画像がなかったので、紹介は割愛します。ただし、1冊はもう既に読んだのですが、内容がおもしろかったため、そのうち紹介するかも。

Similar Posts:

Comments are closed.