ふらいんぐ

image00726.jpg
▲自宅にて▲

写真は、我が家の、本日の夕食です。我が家の食事は、特に夕食となると、日本食になることが多いのですが、今日は、いつもにも増して、日本食度が高くなっています。その理由は、今日が、我が家にとって、「正月」だからです。

妻が、明後日、12月30日から、日本へ一時帰国します。そのため、私は、今年の正月は、ひとりで過ごすわけですが、妻は、それでは私が寂しいだろうと、妻の出発前の日曜日を、我が家の2009年の正月とすることにして、正月の料理を作ってくれたのでした。

食べたものを、簡単にですが、下に紹介します。ほぼ全て、妻の手によるものです。

image00727.jpg
▲自宅にて▲

まずは、ちらしずし。我が家の、祝い事の定番メニューです。具は、鮭と、卵と、ほうれん草でした。本当は、食べる直前に、刻みのりをのせたのですが、私が、先走りして、撮影したために、刻みのりなしで写っています。

image00728.jpg
▲自宅にて▲

続いて、大根と鶏肉の煮物。大根の煮物は、昨年の正月にもいただきました。妻の得意な(?)料理だと思います。おいしいですよー。

image00729.jpg
▲自宅にて▲

こちらは、見てお分かりの通り、数の子と、黒豆です。今回の食卓に挙げられた料理の中で、唯一、正月っぽさを醸し出しているものとなりました。数の子は、オランダ産のものを購入。妻が、塩抜きして、味付けしました。黒豆は、妻が、仕事先のお得意さんから、いただいたものです。そのお得意さん、手製のものだとのこと。

image00730.jpg
▲自宅にて▲

これは、ほうれん草のおひたしです。この写真が、一番、おいしそうに撮れたと思うのですが、いかがでしょうか。味の方は、写真で見るより、ずっとおいしいのです。

image00731.jpg
▲自宅にて▲

最後は、夕食に食べたものではなく、お昼に食べたもの写真となります。いわれなければ、なんだか分かりにくい写真となりましたが、お雑煮です。

今日の料理は、ほうれん草と鶏肉が効果的に使われていました。どちらも、私の好きなものなので、とてもおいしくいただくことが出来ましたね。

妻の、粋な計らいで、正月料理を満喫した私は、これで、寂しい正月にならなくてすみそうです。どうもありがとう。

Similar Posts:

Comments are closed.