だうあーかるてふゅあかんでぃんすきーあうすしゅてるんぐ

image00732.jpg
▲Museumsplatz der Städtischen Galerie im Lenbachhaus▲

最近、エントリーを立てることが少なくなっていますが、相変わらず、Städtische Galerie im Lenbachhaus(ミュンヘン市立ギャラリー・レンバッハ・ハウス)で現在開催されている展覧会、「KANDINSKY – DAS DRUCKGRAFISCHE WERK」(2008年10月25日〜2009年2月22日)や、Kunstbau(クンストバウ)で現在開催中の展覧会、「WASSILY KANDINSKY – ABSOLUTE. ABSTRACT. RETROSPECTIVE 2008/2010」へは、毎週、足を運んでいます。

今日も、日本へ一時帰国した妻を、Flughafen München Franz Josef Strauß(ミュンヘン・ヨーゼフ・シュトラウス空港)へと送ってきた後、少し眠り、それから出かけてきました。明日は、仕事の後、用事があるため、16時の閉館時間までには来られそうもなく、今年最後の訪問にと、訪れてきたのです。

私が、Städtische Galerie im LenbachhausやKunstbauを訪れるときは、いつも、Jahreskarte(年間チケット)を利用しています。今年、利用しているJahreskarteは、以前のエントリーでお伝えしたのですが、昨年、クリスマス・プレゼントととして、妻からもらったものです。今年、1年間、大変ありがたく、利用させてもらいました。

しかし、その有効期限(自分の指定した日から1年間有効)が、2008年12月31日で切れてしまいます。本来ならば、来年のJahreskarteを購入するところですが、現在行われている、展覧会を持って、Städtische Galerie im Lenbachhausが3年ほど閉鎖されてしまうため、新しいJahreskarteの発行は、もう行われていません。ということで、Jahreskarteを購入することは出来ないのです。

ただ、そのかわり、現在行われている、展覧会の期間中、有効な、Dauerkarte(期間チケット)が発売されています。ということで、展覧会訪問のついでに、購入してきました。

現在、Städtische Galerie im LenbachhausやKunstbauへの入場券は、本来の場所とは別のところで、購入できます。その、別の場所というのが、写真の建物です。以前のエントリーで紹介したことのある、Museumsplatzにあります。写真の建物は、そのエントリーで紹介した建物とは、Briennerstr.という通りを挟んで向かいにあるもので、こちらの建物は、チケット売り場、トイレ、コイン・ロッカーが設置されています。ちなみに、写真は、現在の様子ではなく、10月末頃に、撮影されたものです。

Dauerkarteは、この中で、購入することができます。1枚、30Euro。これで、展覧会会期終了まで、何度でも、Städtische Galerie im Lenbachhausや、Kunstbauを訪れることが可能です。割引なしの、正規の入場料が、1回12Euroなので、3回行けば、元が取れることになります。私の場合だと、2週間もあれば、十分元が取れる計算ですね。

私、いつもは、混雑を避けるためにと、仕事帰りに訪れるため、20頃からしか、展覧会には足を運びません。今日、久しぶり(写真を撮影したとき以来)に、昼間に足を運んだのですが、写真のチケット売り場のところには、長蛇の列が出来ていました。どれくらいの人がいたのかは、全く見当がつきません。

私の場合、Jahreskarteを持っているので、別の入り口から、窓口(現在の特別展では、Jahreskarteを持っていても、専用窓口で、毎回、Jahreskarteを見せて、入場券をもらう必要があります。)へと向かいます。そして、そのついでに、Dauerkarteを購入できたので、幸いなことに、長蛇の列に、並ばなくてすみました。窓口に、Städtische Galerie im Lenbachhausで働く、顔見知りがいたので、年末の挨拶のついでに、列のことについて聞いてみます。すると、最近は、特に入場者が多く、いつも、それくらいは並んでいるみたいです。その時点では、1時間待ちとのことでした。

ドイツ人は、忍耐強いので、1時間待ちぐらいは、平気なのでしょうが、私には、寒空の下、そんなに待つのは耐えられません。ということで、これからも、Dauerkarte+夜間訪問で、混雑を避けて、鑑賞したいと思います。


大きな地図で見る
▲Museumsplatz der Städtischen Galerie im Lenbachhaus▲
▲Google マップより▲

Similar Posts:

Comments are closed.