まちぼうけ

image00380.jpg
▲日章旗▲

昨日、ドイツを飛び立ち、一時帰国のために日本へ向かった妻が、日本へ到着したら、電話で連絡をすると言っていたので、私はそれを待っていました。妻の乗った飛行機は、日本時間の今日、12月31日9時頃に到着予定です。日本に到着して、すぐに連絡があるならば、ドイツ時間の31日、1時〜2時ごろのはずでした。しかし、その時間には、連絡がありません。きっと、私がもう寝ていると思って、かけてこなかったのだろうと思い、寝ることにします。

さて、今日、8時に起きて、仕事に出かけるまでの間、また電話を待っていました。しかし、仕事に出かける、9時30分までにはかかってきません。念のため、電話を待っている間に、関西国際空港のフライト情報を確かめてみると、無事に到着しているようでした。それで、「まあ、問題ないだろう。」と思いつつ、仕事に出かけます。

仕事中も念のため、携帯電話には、気をつけていました。しかし、やっぱりかかってきません。「仕事中だからかな。」と思いつつも、若干心配になります。

今日は、大晦日だったので、仕事は13時まででした。それは、妻も知っています。ということで、「仕事が終わったら、かけてくるのかな。」と考えます。実際は、残業で、16時ぐらいまで働いていたのですが、その間も、携帯電話のことを気にしていました。しかし、やはり、かかってきません。ここまでくると、「これは、ちょっとおかしいのでは。」と思います。

仕事からの帰宅後、メールを確認してみると、妻から、到着報告のメールが入っていました。ちゃんと、無事に、到着していたようです。ここで、ようやく、安心します。

妻のメールによると、私の携帯電話にも、Festnetz(固定電話)にも、何度か連絡したけれど、つながらなかったらしいです。「待っていたのに、おかしいなぁ。」と思いつつ、メールを読み進めると、理由が分かりました。

妻は、日本から、私の携帯電話に、電話をする際、「00-49(ドイツの国番号)-最初の0を抜いた携帯電話番号」でかけていたらしいのです。どおりで、かかってこないはずですね。妻は、日本の国際電話認識番号を、「00」であると、勘違いしていたのです。ということで、メールで、日本の国際電話認識番号は、「010」であることを伝えておきました。

ドイツを含め、ヨーロッパ各国において、国際電話認識番号は、「00」であることが多いです。ということで、ドイツに住んでいると、何となく、「国際電話をかけるときには、まず00を押して、次に国番号。」というのが、頭の中にあります。その感覚で、妻は日本から、国際電話をかけようとしたみたいです。

まあ、とにかく、妻が、日本に無事に到着したようなので、ひとまず安心です。ただ、妻の場合、旅先において、いつも何かと問題を起こすので、完全には安心できないのですが。もうしばらく、心配の日々は続きます。

Similar Posts:

Comments are closed.