くわずぎらい

image00853.jpg
▲Subway▲

毎週ポストには、私の住んでいる地域の広報誌が届けられるのですが、その広報誌には、その地域に位置する、様々な広告が合わせて入っていることが多いです。先日も、届けられた広報誌には、広告が色々入っていましたが、その中で、私の目をひいたのは、Subwayサブウェイ)の広告でした。

Subwayとは、サブマリン・サンドウィッチを主力商品として、世界中に展開している、ファースト・フードのチェーンです。日本にも、サントリーの子会社である日本サブウェイが展開しているので、このブログの読者の方も、よくご存じでしょう。

そのSubway、何の広告を入れていたかというと、新しくAloha(Tropical Curry Chicken)という新商品の販売を行い始めたらしく、その宣伝もかねて、いくつかの商品が、割安で購入できるクーポン券を、広告として入れていたのでした。

日本にいた頃、日本サブウェイの支店に行ったことがあります。がしかし、当時は、それほどおいしいものだとは思いませんでした。それが、10年ぐらい前の話ですかね。ということで、1度か2度行ってからは、日本サブウェイに行くことはありませんでした。

ドイツでも、あちこちでSubwayの支店を見かけます。しかし、現在は東京に在住の親友Mが、まだMünchen(ミュンヘン)に住んでいた頃、「Subwayは行かない方が良いぞ。パンがまずくてびっくりした。」と言っていたので、「あぁ、やっぱり、ドイツでもSubwayは、それほどおいしくないものなのだな。」と思い、行くことはありませんでした。

ところが、広告として入っていたクーポン券に、掲載されているメニューを眺めていると、なかなかおいしそうなメニューが並んでいるではないですか。ということで、何も食べるものがなかったお昼、Subwayに、クーポン券を持って、妻と一緒に出かけることにしました。

出かけたのは、Ostbahnhof(東駅)内にある、Subwayです。このSubway、駅構内にあるとはいえ、とても分かりづらいところにあります。私などは、地元民で、この辺りを良くウロウロするから、場所は知っていたものの、これが、旅行者なら、偶然に発見することは、なかなか無いような場所に位置しているのです。

そのSubway、注文の方法は、日本と同じでした、基本となるメニューを選択→大きさを選択→パンの種類を選択→野菜の種類と量を選択→ソースや調味料を選択という順番です。追加で様々なトッピングも可能ですし、トーストもしてくれました。

で、頼んだのは、Steak&Cheeseというものと、Chicken Teriyakiというものです。それを一口食べてみた感想は。

妻&私「おいしー!」

パンが柔らかく、おまけにうまい具合にトーストされており、サクサクした食感で、とてもおいしかったです。Mがパンに不満を述べていたので、1番気になっていた部分なのですが、ここであっさりその心配が、クリアされました。

具となっている肉類やチーズ類も及第点。そして、何より、野菜が新鮮で、しかもハンバーガーなどに比べると、量が多かったです。申し訳程度に野菜が入っているようなハンバーガーを食するよりは、こちらの方が健康そうに思えます。

私が日本でサブウェイに行ったときや、MがMünchenでSubwayのサンドウィッチを食した頃よりも、色々改良が重ねられて、味が変わったのでしょうか。今回ドイツのSubwayで、初めてサンドウィッチを食してみて、これまで、私がSubwayのサンドウィッチに対して思っていた印象が、大きく変わりました。

ドイツには、Dönerkebabという、細切れの薄切り肉をサラダと一緒に、パンに挟んだ食べ物が、テイクアウト・メニューとしてあちらこちらで売られています。これがおいしく、しかも安くて(3.00Euro〜4.00Euroぐらい)量も多く、また気軽に食べられることから人気です。私も、おなかが空いたけれども、レストランに入るほどでもないときに、あるいは何か持ち帰って食べたいというときに、良く購入します。

ただし、そのDönerkebabは、お店によって、多少味付けや具に変化があるものの、おおむね味は似たり寄ったりです。ということで、あまり続けて食べようという気にはなりません。

しかし、Subwayのサンドウィッチは、味付けも具も色々変えられるし、なにより、先ほど述べたように、野菜が多く取れます。Dönerkebabに挟まれる野菜よりも、量は多いでしょう。値段はDönerkebabよりも、高かったり安かったりですが(3.00Euro〜4.50Euro)、大きさ的には同じ程度です。

ということで、今までテイク・アウトと言えば、ハンバーガー・ショップやパン屋、Dönerkebabでしたが、これからは、Subwayのサンドウィッチも選択肢に加わりそうです。

今までは、Subwayでサンドウィッチを購入するために並んでいる人たちを見て、「Dönerkebabとか、もっとおいしそうなものあるのに。」と思っていましたが、それが、私の偏見であったことを、今日知りました。Subwayさん、ごめんなさい。


より大きな地図で www.colorfullife.net を表示

▲Bahnhof München Ost▲
▲Google マップより▲

Similar Posts:

Comments are closed.