まちびときたる

image00873.jpg
▲eBay Inc.▲
▲wikipedia.orgより▲

eBay(イーベイ)というウェブ・サイト上で開催されている、インターネット・オークションに初めて参加し、Landshuter Hochzeit(ランツフートの結婚式)というお祭りで行われる、とあるイベントのチケットを落札したことについて、先日のエントリーで記しています。そして、その落札から、数日が経過したのですが、落札したチケットが、無事に手元へと届きました。

ドイツでのインターネット・オークションへの参加は、今回が初めてだっただけに、「落札して代金は振り込んだものの、チケットが届かない。」、などというトラブルが心配だったのです。しかし、結果としては、落札したチケットも含めて、いずれの部分も問題はなく、インターネット・オークションの全過程が終了したのでした。

私、日本においても、それほどインターネット・オークションに参加したことがありません。したがって、インターネット・オークションの現状というものを、全くといって良いほど知らなかったのですが、インターネット・オークションにおいて、落札者を一番心配させると思われる、代金の支払い→商品の受け取り、までの間に関して、その心配を減らすような、さまざまな工夫がそこでなされているのだと、今回、eBayのインターネット・オークションに参加して、初めて気がつきました。

私がそのように思ったのは、eBayにおいて、落札した商品の情報欄には、いくつかのアイコンがつけられており、それらアイコンを見れば、様々な過程の状況が、一目で分かるようになっていたからです。

例えば、出品者が、私の支払った代金を、受け取ったと報告したならば、それをアイコンで知ることが出来ます。また、商品を発送したと、出品者が通知すれば、それもアイコンにて知ることが可能です。

おかげで「代金は受け取られたのだろうか。」とか、「商品は発送されたのだろうか。」などと、商品が手元に届くまでの間に、余計な心配をしないで済みました。

もちろん、出品者は落札者に、そのようなアイコンで伝えられるような状況を、メールで伝えるという選択肢もあるのかとは思います。しかし、いちいちそういったことについて、メールを書くのは面倒です。したがって、システム上で、クリック1回などによって、そういったことを報告できるなら、手間も省けるし、知らない人にメールを書くからといって、構える必要もなくなるので、良いシステムだなと、私は思いました。

また、このシステムにも関係あるのですが、eBayでは、出品者、落札者双方とも、メール・アドレスを相手に知らせなくても良くなっていることに、私は好感を持ちました。先ほど述べたように、入金確認や発送確認は、アイコンで出来ますし、相手とコンタクトを取りたい場合は、eBayが準備した、メッセージ・システムを利用すれば事足ります。

出品者、落札者という関係とはいえ、伝える必要のない情報は、極力伝えなくても良いのではと私は考えているのです。したがって、このように、双方が必要最低限以上の個人情報を漏らすことなく、やりとりを完了できるサービスを、私はとても良いシステムだと思いました。

でも、これ、eBayだけのシステムなのでしょうか。それとも、日本で開催されているような、インターネット・オークションでも採用されているような、インターネット・オークション上では、「常識」的なシステムなのでしょうかね。

いずれにせよ、こういった、システムが準備されているのなら、次回もeBayを利用してみようかな、という気にさせられます。

Similar Posts:

Comments are closed.