つーるどふらんすにせんきゅう

image00166.jpg
▲Le Tour de France▲
▲www.letour.frより▲

私が、1年のうちで、最も楽しみにしているスポーツ・イベントが、明日から始まります。その楽しみにしているスポーツ・イベントとは、自転車の世界3大ロード・レースのうちのひとつに数えられる、Le Tour de France(ツール・ド・フランス)というレースのことです。

Le Tour de Franceは、今回で96回目を迎えるのですが、今年は、7月4日〜7月26日にかけて、全21ステージ、全行程3459.5kmにて争われ、Maillot jaune(マイヨ・ジョーヌ)を纏うことの出来る総合優勝者が決定されます。

昨年のLe Tour de Franceのスタート地点は、フランスの北西部に位置する、ブレスト(Brest)と呼ばれる都市でしたが、今年のLe Tour de Franceは、フランス国外からスタートするようです。

今年のLe Tour de Franceのスタート地点に選ばれたのは、モナコ公国(Principauté de Monaco)でした。モナコ公国からスタートするのは、Le Tour de France史上、初めてのことらしいです。

最近のLe Tour de Franceと言えば、レースの内容そのものよりも、ドーピングなどのレース外でことに、どちらかというと、話題がさらわれがちで、落ち着いて観戦というわけには、なかなかいきませんでした。したがって、当然、今年こそはいいかげん、レース内容そのもので、Le Tour de Franceが盛り上がる方向に行って欲しいと願っています。

さて、今年のLe Tour de Franceにおいて、私が最も楽しみとしていることはといえば、Lance Edward Armstrong(ランス・エドワード・アームストロング)の復帰です。1999年〜2005年にかけて、前人未踏の、Le Tour de France7連覇(史上最多優勝回数/史上最多連続優勝回数)を達成した彼の名前は、自転車にそれほど興味がない人でも、恐らく、1度や2度は、聞いたことがあるのではないでしょうか。その彼が復帰するとなれば、注目しないわけにはいかないでしょう。

Armstrongに、全盛期ほどの力があるかといわれれば、なかなか厳しいものがあるとは思います。現役を引退して、4年経っていますから。

しかし、テニスのクルム伊達公子さんの例もあるように、世界の元トップ・プレーヤーの実力は、常識でははかり知ることが出来ません。現に、Armstrongは、イタリアで今年行われた、自転車の世界3大ロード・レースのうちのひとつ、Giro d’Italia(ジロ・デ・イタリア)にて、最終的に、個人総合12位という結果を残しています。それは、日本人の誰も、未だそこに到達したことのない順位です。

ということで、「もしかして、ひょっとして。」などという奇跡を期待して、彼の活躍に注目したいと思っています。

それから、今年は、13年ぶりに、日本人選手がLe Tour de Franceに出場するとのこと。フランスのチーム、BBox Bouygues Telecom(Bボックス・ブイグテレコム)の新城幸也選手と、オランダのチーム、Skil-Shimano(スキル・シマノ)の別府史之選手です。

両選手とも、欧州を中心に、実績を作ってきた選手ですから、活躍が期待できるのではと思っています。総合成績で、上位に食い込むことは難しくとも、ステージ・レースでの入賞は、展開次第であり得るかもと、個人的には思っているのですが。

残念なことに、この期間、個人的に忙しく、週末も含めて、Le Tour de Franceを生放送で楽しむ機会はほとんどありません。ただ、夜のダイジェスト版などで、動向はしっかり追っていきたいと思います。

image00885.jpg
▲Le Tour de France 2009▲
▲www.letour.frより▲

Similar Posts:

Comments are closed.