えじぷとなつじかんのおわり

image00775.jpg
▲علم مصر▲
▲wikipedia.orgより▲

جمهورية مصر العربية(エジプト・アラブ共和国)の首都である、القاهرة(カイロ)に在住されている、私の友人、ほりえんこぷりぷりさん(本業である、音楽家としての彼は、المركز الثقافي القومي – دار الأوبرا المصرية(The National Cultural Centre/エジプト国立文化省・教育文化センター)内にある、دار الأوبرا المصرية(Cairo Opera House/カイロ歌劇場)の専属オーケストラである、فرق دار الأوبرا المصرية(Cairo Opera Orchestra/カイロ歌劇場管弦楽団)にて、首席トランペット奏者としてご活躍されている、堀江努氏。)ですが、現在、夏期休暇を、長年住み慣れたドイツにて、過ごされております。

休暇なので、ゆっくりされれば良いのにと思うものの、根っからの演奏好きであるほりえんこぷりぷりさんは、以前のエントリーで紹介したように、ドイツでの休暇滞在中も、積極的に音楽活動に参加されておられました。例えば、つい先日まで、Freistaat Bayern(バイエルン自由州)北部に位置するPommersfelden(ポンマースフェルデン)という町にある、Schloss Weißenstein(ヴァイセンシュタイン城)にて、毎年夏に開催されているコンサート、「Collegium Musicum」ために、1ヶ月もの間、そのお城に滞在されていたほどです。

その、ほりえんこぷりぷりさんの、ドイツでの活動が、ようやく落ち着いたので、今日は、職場のオーナー(ほりえんこぷりぷりさんのドイツでの恩師でもあります)主催で、ほりえんこぷりぷりさんと、その奥様を囲む食事会がありました。とてもおいしい、イタリア料理を食べながら、話も大いに盛り上がり、気がつけば、随分と時間が経ってしまい、帰宅したのは、つい先ほどです。

さて、ほりえんこぷりぷりさんが、お住まいになっているエジプトですが、旅行会社H.I.S.の、カイロ支店が提供しているブログのエントリー(「8月21日より冬時間スタートのお知らせ」)によりますと、明後日の2009年8月21日0:00(Eastern European Summer Time/EEST/UTC+3)より、冬時間(Eastern European Time/EET/UTC+2)へと移行するとのこと。これで、日本(UTC+9)とエジプトとの時差は、7時間となります。

エジプトがEET(UTC+2)になるということは、現在、Mitteleuropäische Sommerzeit(MESZ/中央ヨーロッパ夏時間/UTC+2)であるドイツと、MESZが終わるまでの間は、時差がなくなるということです。何とも不思議な感じがします。

それにしても、エジプトの夏時間は、ドイツの夏時間より遅く、4月下旬に始まったのに、ドイツの夏時間の終わりよりも、1ヶ月以上速く終わってしまうのですね。夏の期間が、短いということなのでしょうか。エジプトの夏は、ドイツよりも長いように思っていた(1年の大半が夏のイメージ)のですがね。

Similar Posts:

Comments are closed.