わからずじまい

image00539.jpg
▲Münchner Verkehrsgesellschaft mbH▲
▲de.wikipedia.orgより▲

私が住む、München(ミュンヘン)では、新学期(新学年)が今日から始まったようです。なぜ、週の初めの月曜日からではなく、中途半端に火曜日の今日から、新学期が始まるのかが、私には良く分かりませんが、とにかく始まったらしく、私が通勤に使う駅の前に、いくつか集まっている学校へ、また賑やかな声が戻ってきました。

その、学校の新学期開始にあわせたかのごとく(いや、あわせたのでしょう、きっと。)、私の自宅前にあるバス停の一時閉鎖が解かれ、再び家の前の通りを、Münchenの公共交通機関を運行する、Münchner Verkehrsgesellschaft mbH(MVG)のバスが走るようになっています。

そのバスの路線を「横切る」道路の工事が始まった、2009年8月3日に、家の前のバス停が、「片側だけ」一時的に閉鎖されました。2009年8月23日までの予定で。

しかし、「予定は未定で決定ではない。」ということを改めて教えられたのが、2009年8月24日のこと。こっそりと、バス停の一時閉鎖期間が延長されて、2009年9月14日までとなっていたのでした。しかも、今度は片側だけの閉鎖ではなく、「両側とも」閉鎖されるという、おまけ付きで。

そのような経緯から、「もしかして、バス停は、一時閉鎖ではなく、完全閉鎖もありえるかも。」と、ちょっぴり思っていたものの、今回は再延長もなく、また恐れていた完全閉鎖にもならず、家の前のバス停は、両方向とも、また通常通り利用されるようになったみたいです。

私は幸いなことに、このバス停の一時閉鎖による、被害(?)はほとんどなかったものの、妻は良くバスを利用するので、結構不便そうでした。しかしながら、今日からは、また家の目の前のバス停に、バスが停まるようになったので、妻も喜んでいることでしょう。

ところで、以前のエントリーに記しましたが、バス停が一時閉鎖されていたその期間、その道路を通ってなかったのは、「バスだけ」です。乗用車やトラックは、バンバン走っていました。それが、とても不思議に思え、どのような工事がそこで行われているのか、1度は見に行こうと思っていたのですが、結局それを決行する前に、工事が終わってしまいました。このような不思議な現象の起こる工事、いったいどのようなものだったのでしょうかね。

Similar Posts:

Comments are closed.