わーどぷれすにーてんはってんよんへ

image00604.jpg
▲WordPress▲
▲wordpress.orgより▲

このブログを構築するのに、利用させてもらっている、オープン・ソースの、サーバ・インストール方式ブログ構築アプリケーションWordPressを、これまで利用していたWordPress 2.7.1より、ようやく現行の最新バージョン、WordPress 2.8.4(「WordPress 2.8.4: Security ReleaseWordPress 2.8.4: セキュリティリリース)」)へとアップグレードしました。

WordPress 2.8正式版がリリースされたのが、2009年6月のこと。このように、WordPress 2.7から、WordPress 2.8への移行が、リリースから3ヶ月遅れたのは、WordPress 2.6から、WordPress 2.7へ移行した際に記した、エントリーの中で述べている理由と、全く同じでした。WordPressの機能として備わっている、エントリーの自動保存とリビジョンという機能を、無効にしてくれるプラグイン(現在はWP-CMS Post Control plugin 1.2.1を利用)が、WordPress 2.8へ対応するのを待っていたからです。

が、今回、WordPress 2.8へと移行したのは、そのプラグインが、WordPress 2.8対応になったからではありません。古いバージョンのWordPressには、セキュリティ上の問題があるらしく、最新版のWordPressへ移行するように、勧告(「WordPress を安全に使い続ける方法」)が出ていたからです。セキュリティに問題があるのに、そのままにしておくのは気持ち悪いので、今回、プラグインのWordPress 2.8への対応を待つことなく、思い切って、WordPress 2.8へのアップグレードを決行しました。

ということで、今は、WordPress 2.8.4にて、このエントリーを記しています。

WordPress 2.8では、様々な新機能が搭載されたようですが、見た目には劇的な変化はみられません。使い込んでいくと、それら新機能の恩恵を、受けるようになっているのでしょう。

ところで、上で問題にしていたプラグイン、WP-CMS Post Control plugin 1.2.1ですが、テストをしてみた結果、WordPress 2.8対応とはなっていないのにも関わらず、私が欲しい機能(エントリーの自動保存とリビジョン機能の停止)は、WordPress 2.8でも機能してくれるということが分かったのです。これは、私にとっては、とてもうれしいことでした。これで、無駄に「post_id」という投稿番号を、消費されずにすみますから。

もっとも、このような利用方法は、何かしらの問題を引き起こす可能性も、考えられるでしょう。ということで、この組み合わせを試される方は、ご自身の責任にてお願いします。

本当は、WP-CMS Post Control pluginが、早くWordPress 2.8に対応してくれるのが、一番良いのですが。作者さん、がんばってください!

Similar Posts:

Comments are closed.