のびたりちぢんだり

image00775.jpg
▲علم مصر▲
▲wikipedia.orgより▲

職場に面した中庭で、今日は仕事終わりに、職場の同僚たちと、飲み&食事会をしました。職場の元同僚である、ほりえんこぷりぷりさんが、ドイツでの休暇を終えて、居住地であるجمهورية مصر العربية(エジプト・アラブ共和国)のالقاهرة(カイロ)に帰られるというので、ささやかな会を開いたのです。

ほりえんこぷりぷりさんについては、このブログで何度も取り上げたことがありますが、私の職場の元同僚にして友人、そして、本業である音楽家としての彼は、المركز الثقافي القومي – دار الأوبرا المصرية(The National Cultural Centre/エジプト国立文化省・教育文化センター)内にある、دار الأوبرا المصرية(Cairo Opera House/カイロ歌劇場)の専属オーケストラである、فرق دار الأوبرا المصرية(Cairo Opera Orchestra/カイロ歌劇場管弦楽団)にて、首席トランペット奏者としてご活躍されている、堀江努氏でもあります。

その、ほりえんこぷりぷりさんですが、以前のエントリーで記したように、6月下旬からドイツに滞在しておられました。長期の休暇を、住み慣れたドイツで過ごすため(途中日本にも一時帰国されておられました)にです。

で、今日の会は、ほりえんこぷりぷりさんが、ドイツでの休暇を終えて、جمهورية مصر العربيةへと帰られるから、開かれたことには間違いないのですが、ややこしいことに、その、今回終えられた休暇と、上で記した休暇は、微妙に別物であります。

というのも、最初に記した、6月下旬からの休暇は、予定通り9月上旬で終えられ、ほりえんこぷりぷりさんは、今月初めの9月8日に、ドイツを離れ、جمهورية مصر العربيةへと戻られていましたから。そして、1週間ほど、一緒に行かれた奥様と、القاهرةや近郊を旅行されていましたし。

しかしながら、休暇が予定されていたよりも長くなり(!)、10月上旬まで続くことになったため、もう一度9月20日ごろ、ドイツに戻ってこられていたのでした。

ということで、今回の会は、後者の休暇を終えた後の旅立ちに対するものなのです。お分かりいただけましたでしょうか。

ところで、私、先ほど、後者の休暇が10月上旬までだと記しました。しかし、ほりえんこぷりぷりさんは、明日、ドイツを発たれます。そして、明後日からお仕事です。変ですよね。そう、休暇が今度は短くなったのです。なんでも、今日、いきなり電話があって、明後日から仕事だということを、伝えられたとのこと。

休暇が延長されたり、短縮されたり、なんだか忙しないと思うのですが、جمهورية مصر العربيةでは休暇に限らず、予定が直前で変更されることは、普通にあることだと、ほりえんこぷりぷりさんはおっしゃっていました。そこで、いちいち苛ついているようでは、جمهورية مصر العربيةで生活は出来ないみたいです。すぐにイライラする私には、生活が難しそうな場所ですね。

さて、次にほりえんこぷりぷりさんが、ドイツに来られるのは、12月〜1月の間とのこと。今回の、職場での飲み&食事会、なかなか心地よかったので、そのときには、また是非、職場飲み&食事会をしたいものです。

Similar Posts:

Comments are closed.