どっちのしばふもあおい

image00399.jpg
▲Vodafone D2 GmbH▲

利用料金の、引き落とし用銀行口座を変更するため、昨日あちこち回ったついでに、Vodafone D2(ボーダフォン)にて、気になっていたいくつかのことに関して、質問してきました。

こちらで一番聞きたかったことと言えば、DSL接続(ADSL接続のようなもの)についてです。

現在、家でインターネットを利用するために、Deutsche Telekom(ドイツ・テレコム)の、DSL接続サービスを利用しています。DSL 6000(6.016 kbit/s)という種類の、DSL接続(時間制限なし)の料金と、ドイツ国内への、Festnetz(固定電話)への通話料(時間制限なし)が、基本料金に含まれているプランです。これで、月額44.59Euroを支払っています。

ドイツで携帯電話や、Festnetzを契約する際、「出来たら、Deutsche Telekomは避けた方が良い。」と、周りの人たちに言われていました。その教えに従って、携帯電話は、Deutsche Telekom(携帯電話としては子会社のT-Mobile Deutschland GmbH)を避け、Vodafone D2で契約しました。しかしながら、その当時、Festnetz(インターネット接続含む)の選択肢は多くなく、結局、Festnetzは、Deutsche Telekomにしたのです。

しかし、最近では、Vodafone D2も、インターネット接続サービスを提供しているということが分かりました。町中のあちこちで、それについて、広告を掲げているのです。

で、その広告を見ていると、どうも、私がDeutsche Telekomで契約している、インターネット接続サービスと、同等のサービスを、Vodafone D2では、月額15Euroも安く提供されているということが分かります。月額15Euroは大きいです。ということで、この件について、いろいろと質問をしに行きました。

Vodafone D2の支店に行き、上記サービスについて質問してみると、それは、「Surf-Sofort-Paket」というものだとのこと。そして、確かに、月額29.98Euroですので、Deutsche Telekomで今契約しているものよりも、ずいぶんと安いです。おまけに、私が契約している携帯のプランなら、さらにここから、月額10Euroも安くなるとのことでした。

「これは!」と、すぐにでも申し込みたい気分に駆られます。が、ひとつ気になることが、それは、ドイツ国外に安く電話するための、「Vorwahl」というサービス(特定の番号を電話番号の前につけてかけると安くかけられる)が、Vodafone D2では利用できないということでした。これはあまり利用することはありませんが、しかし、あったらあったで、便利なものなのです。日本と連絡を取るときには、特に。

また、Deutsche Telekomの支店で聞いたところ、今、DSLの契約を更新すると、同じ料金で、もっと良いサービスが受けられるし、同じサービスなら、もっと安い料金で、サービスを受けられると教えてくれました。したがって、Vodafone D2の状況だけで判断せずに、こちらも判断材料として、加えた方が良さそうです。

ということで、先のエントリーの、iPhone同様、こちらの件もよく考えてみることにしました。うーむ、悩ましい。

Similar Posts:

Comments are closed.