いおすわんでぃーまーくふぉー

image01016.jpg
▲EOS-1D Mark IV▲
▲canon.jpより▲

Canonより、新しいプロ用のデジタル一眼レフ・カメラ、「EOS-1D Mark IV」を、12月下旬より発売するとの発表(参照「幅広いISO感度設定に対応 AF性能を大きく向上させたプロ用デジタル一眼レフカメラ“EOS-1D Mark IV”」)がありました。

新製品“EOS-1D Mark IV”は、基本性能を大きく向上させながら、これまで寄せられたプロユーザーからの要望にきめ細かく対応することで、画質やAF性能における信頼性を大幅に高めたプロ用デジタル一眼レフカメラのフラッグシップモデルです。

「新開発の約1610万画素のCMOSセンサー(APS-Hサイズ)」「高性能映像エンジンDIGIC 4を2個装備」「F2.8対応のクロス測距センサーを39点に配置した総測距点数45点の新開発AFセンサー」「新アルゴリズムAIサーボAF IIの採用」などと、EOS-1D Mark IVには、「さすがフラッグシップ・モデル」と思わせるような機能が満載なのですが、私が特に目を引かれたのは、ISO感度についてでしょうか。

EOS-1D Mark IVでは、常用ISO感度が、100〜12800と設定されていますが、拡張により、ISO感度50~102400まで設定可能だとのこと。拡張最大ISO感度が102400とは、まさに桁違いの印象を受けました。このぐらいのISO感度だと、月明かりぐらいの光であっても、明るいレンズ利用すれば、手持ちであってもブレることなく、撮影が出来るのではないでしょうか。

Nikonも先に、拡張最大ISO感度が102400という、「D3S」の発売を発表(参照「デジタル一眼レフカメラ「ニコン D3S」を発売」)していました。デジタル・カメラの性能競争は、画素数争いから、完全にISO感度の争いへとシフトしたようですね。

Similar Posts:

Comments are closed.