しゅぱいひゃーしゅたっと

image01063.jpg
▲Speicherstadt▲

Freie und Hansestadt Hamburg(自由ハンザ都市ハンブルク)といえば、私は「港」とか「水」をイメージすると、以前のエントリーで記したことがありますが、もうひとつイメージするものとして、「煉瓦」があげられます。それはやはり、港にある、倉庫街の印象が、強くあるからでしょうか。

Hamburgにある倉庫街のことは、ドイツ語で、Speicherstadtと言いますが、1883年にその建築が始まります。

当時、すでにHanse(ハンザ同盟)は、その機能を失っていたものの、Hamburgはなお、その独立性を維持していました。そしてそれは、1871年に、Deutsches Reich(ドイツ国)が成立したときも、変わりません。

それで、1881年に、HamburgとDeutsches Reichの間において、関税接続協定が結ばれるのですが、そのことをきっかけに、Deutschen Zollverein(ドイツ関税同盟)の諸都市を受け入れることを目的として、この倉庫街の建築が始められます。

ただ、Hanburgの市街は、当時、関税除外地域とされていたため、それを外れた、港のある地区、現在の場所に、倉庫街が建築されることとなりました。

この、建築を指示したのは、Franz Andreas Meyer(フランツ・アンドレアス・メイヤー/1837年〜1901年)です。そのMeyer主導により、Kehrwieder(ケアヴィーダー)と、Wandrahm(ヴァンドラーム)という、Elbe(エルベ川)に浮かぶ2つの島を利用して、この倉庫街は作られていきます。1883年に建築が始まったこの倉庫街は、1898年にはその3分の2が終了し、その残りの工事も、第1次世界大戦前には終わりました。

その、倉庫街ですが、第2次世界大戦の空襲にて、Hamburgの他の地域の建物同様、破壊されてしまったようですが、1967年には、その再建も終了したとのこと。

1991年には、文化財にも指定されたようです。

image01064.jpg
▲Speicherstadt▲

その倉庫街を、夕方から、妻とふたりして、ブラブラと散歩してきました。

写真は、散歩を始めたときに撮影したものですが、倉庫街と曇り空、Hamburgらしい写真がとれました。私は雨男ではなく、どちらかと言えば、晴れ男であると思っているのですが、Hamburgに来たときに、晴れた記憶がありません。ということで、私の中で、Hamburgといえば、この景色通りの写真です。

image01065.jpg
▲Speicherstadt▲

煉瓦造りの建物の、間に入っていくと、このような空間がありました。

Hamburgの倉庫街、何度か来たことがありますが、このように、建物と建物の間に入っていった経験は初めてです。表通りの煉瓦の壁とは異なり、こちらの壁には、また違った趣がありました。

image01066.jpg
▲Speicherstadt▲

夕暮れ時の、倉庫街の様子です。

Hamburgの倉庫街を、夕暮れ時に歩くのは、これまた、初めての経験だったのですが、昼間の姿とは違って感じられました。煉瓦の建物から漏れ出てくる、オレンジ色の暖かな光が、煉瓦の建物にマッチしていて、暖かい雰囲気に感じられました。

image01067.jpg
▲Speicherstadt▲

こちらは、2005年に建築された、Wilhelminenbrückeという、倉庫街内にかけられた橋の眺めです。

Hamburgの倉庫街は、長さ1500m、幅150m〜250mで広がっており、先ほど述べたように、元々は、Elbeに浮かんでいた、2つの島を利用して作られたため、至る所に橋が架けられています。その数、全部で20。そのうちの14の橋が、文化財に指定されているようです。

この橋を渡りながら、倉庫街をあっちへうろうろ、こっちへうろうろするのも、この倉庫街に来たときの楽しみであります。

で、最初の写真ですが、これは倉庫街の写真ではなく、倉庫街から、町中を眺めた様子です。Hamburgの中心地は、正確には、この写真では、もう少し右側になります。写真の、右に、シルエットで写っている塔は、以前のエントリーで紹介した、Hauptkirche Sankt Michaelis(聖ミヒャエル教会)です。

この写真を撮り終え、日が完全に落ちた頃は、歩き疲れた上に、お腹が空いていたので、これ以上、倉庫街を散歩する力は、残っていませんでした。次は、最初から、夜の倉庫街を探索というのも、良いかもしれません。夜の倉庫街は、もっと別の顔が、見えるかもしれませんし。


より大きな地図で www.colorfullife.net を表示
▲Speicherstadt▲
▲Google マップより▲

Similar Posts:

Comments are closed.